LINEで
料金シミュレーション
電話で無料相談
Works 搬送実績
2024年1月5日
精神病院患者搬送

神奈川県〜東京23区  【説得/院内付き添い】

搬送内容

年齢 / 性別:60歳代 / 男性

体格:普通

ADL自立

同乗者:家族

医療処置:なし

病名:アルコール症

搬送車両:救急車タイプ

介助員:救急救命士3名

搬送経路:自宅〜病院

搬送の様子


搬送の2日前にご家族からお電話にてご相談がありました。
アルコール症の影響下で自力歩行が難しい状態の家族を、医療機関に入院させたいとのことでした。

アルコール症は周囲への人への暴力や暴言、自殺などを引き起こすこともあり本人だけの問題には止まりません。
家族の問題を周囲に相談することもできず、どう対応すれば分からず1人で思い悩むご家族やパートナーの方々は多くいらっしゃいます。

弊社では患者様搬送において、精神搬送の専門家である心理カウンセラーが患者様ご本人のケアに加え、ご家族様などご依頼者様の不安やお悩みに寄り添い、患者様もご依頼者様も精神的に孤立しないようサポートを行なっております。

今回ご相談を受けた際、やはりご依頼者様はかなり疲弊されているように見受けられたため、弊社の心理カウンセラーが対応させていただきました。

お話を伺うと、長年連れ添うご家族様が毎日大量に飲酒してきたためアルコール症となり治療を進めてきたが、アルコールの影響で精神的にも内科的にも症状が増悪し、一人で立ち上がることさえできなくなってしまったとのこと。
さらには、あんなに優しかったのに人が変わってしまったかのように攻撃的になり、今まで言われたことのないような酷い言葉まで浴びせられてしまったようです。

アルコール症の患者様の特徴として、攻撃的で気分が変わりやすく自分の主義主張を押し通そうとする一方、依存的で臆病、現実逃避的で劣等感を抱きやすく、欲求不満に対して非常に耐性が低い、といった性格的特徴があります。
愛するご家族が、優しかったあの人が、アルコールや薬物の影響でこのように変容してしまう。それでも尚、生活を共にし歩み続けなければならない。ご依頼者様の深い痛みの理解に時間はかかりませんでした。

その後、搬送当日までご依頼者様と綿密に当日の流れを確認しながらご依頼者様の不安に寄り添い、お声がけさせていただきました。



【Sun Road 精神総合相談窓口】 こんなお悩みありませんか? ▶︎認知症などの症状が増悪し、本人との会話がままならない… ▶︎精神病の陽性症状が強く見られ、どう接したら良いか分からない… ▶︎本人が処方薬の服用を中断し、どのような対応したら良いかわからない… ▶︎精神病院の退院後、精神症状が改善せず悩んでいる… 〜 一人で悩まずにSun Roadと一緒に解決を 〜

【搬送当日】

午前4時30分。スタッフは軽食を頬張り、事務所を後にします。
到着前にご依頼者様に連絡を取り患者様のご様子を伺うと、落ち着いてはいるものの自力で着替えることもできずにいるとのことでした。

到着10分前。ご依頼者様との会話の内容をスタッフ間で共有し、最終ブリーフィングを行います。

ご依頼者様のご自宅に到着すると、患者様はご自身のベッド上に横になっておられました。患者様と挨拶を交わしながら状態を探ります。

会話は非常に不明瞭で独語も認められ、子犬が走り回っていると訴えておられました(実際にはいない)。両手は動作に伴い振え、明らかな内科的トラブルを抱えた身体所見を呈していました。

病院の診察時間に間に合わせるため、スタッフは早急且つ慎重に患者様を搬出し、ストレッチャーで車内へと収容しました。
車内では患者様の容態変化に備え、最終的に医療機関に引き継ぐまで救急救命士及び心理カウンセラーであるスタッフが常に付き添います。
また、状況によってはご家族の間に立ち、ご依頼者様の心的負担に対して少しでも軽減を図ります。

【院内付き添い】

無事、時間通りに医療機関に到着しました。
本来であれば、この時点で医療機関に引き継ぐところですが、今回のご依頼は入院に伴う診察から検査まで付き添っていただきたいとのご依頼であったため、弊社スタッフがご依頼者様及び患者様に付き添いながら診察を受け、医師や看護師の指示通り各検査に向かいました。

民間救急がそこまでできるのだろうか?と感じられた方も多いのではないでしょうか。

*Sun Roadだからできる!注目ポイント*

弊社スタッフは元東京消防庁の救急隊で構成されています。 救急隊は医療機関へ傷病者を搬送した際、他患者様が多数おられ医療機関側の人手が足りない場合に、救急隊が検査に向かうお手伝いをする事が度々あります。 また都内の救急医療機関の多くは東京消防庁の救急救命士を研修先として受け入れて下さり、数年に一度東京消防庁の全ての救急救命士は技術を磨くため再教育を受けることになっています。その際、患者様を検査にお連れすることも多いため、今回のようなお付き添いプランが可能となります。


診察、検査、待ち時間、入院調整・・・院内長時間に及ぶため、患者様の精神的ケアも同時に行います。
患者様は待ち時間に「家に帰りたい」と漏らす部分も見受けられましたが、常に付き添うスタッフが励まし、不安を乗り越えていくことができました。

朝一番で病院に到着したはずが、いつの間にか時刻は夕方。。
担当医の判断の結果、そのまま入院できることとなりました。結果的に長時間院内で過ごす事になりましたが、患者様は大きく取り乱すこともなく、またスタッフが間に立つことでご依頼者様の心的負担は相当軽減されたとのことでした。

依存症を克服していく道は決して平坦なものではありません。ご本人の努力のみならず、周囲のサポートが非常に重要となってきます。患者様の体調や精神状態が整い、ご依頼者様の元にまた平穏で優しい日々が戻られることを、弊社スタッフ一同心から願っております。



\LINEにて心理カウンセラーとのメールのやり取りが可能◎/

LINE公式アカウント登録はこちらから

ご本人様やご家族様など不安がある方はお気軽にご相談ください。

ご利用者様の声

アルコール症の影響で人が変わってしまい、内科的にもかなり悪い状態でしたので入院させようと手筈は進めたものの、自分ではとても連れていけないためインターネットで検索していたらSun Road救急サービスさんを見つけました。とても丁寧な対応で、家族のことだけでなく自分の精神状態も非常に気にかけてくださり、たった1人で対応していた最中、とても心が温まりました。

搬送当日も、私の代わりにずっと付き添っていてくださったおかげで家族は大きく取り乱すことなく入院することができました。今後も転院や帰宅時などの移動の際はまたよろしくお願いいたします。

参考概算金額

運賃、介助料、精神病対応加算料金 など

合計金額 約310,000円 


※走行距離、対応時間、医療処置内容により、費用は変動します。

★搬送をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。★

※相談料、お見積もり無料


▶︎SNSでのフォロー・いいね・保存がSun Roadの力になります!

Instagramはこちらから> 

搬送実績一覧へ
搬送のご依頼、
相談はこちらから
ご不明なことや、気がかりなことがありましたら、
お気軽にお問合せください。
お急ぎの場合は、お電話での受付も可能でございます。

TOP